ページを選択
こんばんは、Hiroです。

FXをある程度経験している人であれば、すんなり入ってくる話も初心者の方だと理解が難しく思われるかもしれないですが、なんてことはないお話です。

MTFとは、

マルチタイムフレーム分析のことです。

5分足だけを見てトレードしてしまう、これは初心者にありがちなパターンですが、これでは一生勝てるようにはなりません。

5分足で取引するのであれば、最低でも1時間足のチャートと連動させて考える必要があります。

つまり、中長期足と短期足を複合して分析する、これがマルチタイムフレーム(MTF)分析になります。

オススメの組み合わせは以下の通り。

M5 + H1

M15 + H4

H1 + D

H4 + W

ーーーーーーーーーー

M5→5分足という意味

H1→1時間足

D→日足

W→週足

ーーーーーーーーーー

これはあくまでも最低限の見方で、もう1つ上の時間足を含めて考えても良いです。

実際のチャートを見てみましょう。

まずGBP/JPYのM5チャートです。

これだけ見るとどうでしょうか?

明らかな下降トレンドを形成しています。

ではH1で見てみます。

H1で見ると上昇トレンド形成中で、5分足の下降トレンドはH1の押し目だったことがことがわかります。
※赤い部分がM5の下降ポイント

では、さらにH4も比較に入れて見てみましょう。


左H4、右H1(赤のゾーンM5のポイント)

なるほどなるほど。

H4で見ると下降トレンドが終わり、ダブルボトムを付けて反転していますね。

しかも、H1の押し目、M5の下降トレンドはH4ダブルボトムのネックラインで反転していることがわかります。
※黄色の丸ポイント

これは出来上がりのチャートで見ているのでこのような解説になりますが、実際にリアルタイムで見るのであれば、上位足であるH4、H1から対局を判断し、M5の下降がどこを目指していくのかを予測します。

つまりこの局面でM5は下降トレンドではありますが、ショートエントリーを狙うのではなく、どこでロングエントリーをするのかを考えた方が優位性の高いトレードができるということです。

しかも、H4のネックラインで反転という事実があれば思い切ってM5でロングエントリーができます。

FXで絶対に勝てるポイントを見つけることはできませんので、いかに優位性の高いポイントを見つけられるかが重要です。

僕のサロンでEB-winを使えるメリットは、マルチタイムで優位性のある方向性を間違えないというところも大きなメリットの1つと言えます。

上位足と同一方向のシグナルに、実行足(エントリー足)を考えれば自然と優位性の高いエントリーが可能です。

プラス、トレードには経験値が必要なので相場をみる経験を積めば積むほど、トレードするポイント、しないポイントの見極めもできるようになります。

スキルとして身に付けば大きな利益をもたらしてくれるでしょう。